グローバル化の加速と英語の重要性の高まり

日本のグローバル化に伴う英語の重要性の高まりについてお話しさせて頂ければと思います。
現在よく話題になる”少子化”ですが、内閣府が発表した平成24年将来推計人口(将来の日本の人口の推移)によると、2010年には1億2806万人いる日本人は、2060年には8674万人まで急激に減少すると言われております。
そうなるとどうなるか考えてみますと、高齢化も少子化も急激に進んだ日本は働き手が一気にいなくなるため、国内産業の衰退を防ぐべく海外からの人材流入を考えるのは至極当然の事と思います。
隣国の中国や韓国だけでなく、西欧諸国からの流入も考えられます。こうして否応なくグローバル化の波に飲まれた日本は、今まで通りの日本ではいられなくなるでしょう。
生活様式や宗教が多様になる事は簡単に想像がつきますが、何より一番の問題は”英語”ではないかと思うのです。文化や考え方の違いを伝え合えないのは様々な問題を生む可能性があります。少しでも相手の言いたい事が分かれば、そうでない人よりもスムーズに関係の構築が出来ます。
未だに改善の見通しが立たない日本の少子化問題。これからもグローバル化の速度は高まる一方です。不安定なこれからの世の中を進んでいくためには、英語は重要になってくると思われます。

PR|女性の人生|オーディオ|英語上達の秘訣|お家の見直ししま専科|生命保険の口コミ.COM|家計見直しクラブ|クレジットカードの即日発行じゃけん|住宅リフォーム総合情報|初値予想|英語上達の秘訣|貯蓄|女性向けエステ.com|童話|JALカード|アフィリエイト相互リンク|