日本は世界一の翻訳天国だ

ほとんどの日本人にとって英語で書かれた本をまるまる一冊読むという経験がないと思います。しかし、海外の小説や童話も含めて小さい頃から知っていますよね。それは日本人には学術書も含めて多くの洋書の翻訳された本があるからです。

日本は歴史的にも明治の初めから西洋の文化や学問を急速に取り入れるために洋書の翻訳が必要でした。皆んなが外国語をマスターして洋書を読んで吸収するより、語学ができる一人が翻訳して多くの人が日本語で読んで吸収する方が全体としては圧倒的に早く吸収できるからです。そのために日本では翻訳技術と文化が発達した結果、ほとんどの本は日本語で読むことができるようになっています。

これは他の国では考えられないことで、他国では大学で使う学術書のほとんどは翻訳されていないため、とりわけ英語をマスターしなければなりません。英語をマスターする必然があるのです。

しかし、日本では特に英語をマスターしなくても大学の授業においてさえ不便はありません。日本は世界一の翻訳天国なのですね。